世界で急速に進化するサステナブルファイナンスと日本の今

今や世界的なメインストリームとなったサステナブルファイナンスの中で、日本の機関投資家、金融関係者はどうプレゼンスを確保していくことができるでしょうか。2022年会議では、国内外のオピニオン・リーダーが集結し、新しい時代の資本主義のありうべき実像を視野に、喫緊の理論的・実務的課題を討議します。

世界の潮流は加速しています。COP26では、これまで以上に、金融セクターの気候危機に対する実質的なアクションに注目が集まりました。ネットゼロ宣言から実態排出量削減へのインパクトに至るまで、測定・評価手法や、ルール作り、標準化をめぐる討議は、ますます精緻かつ高度なものとなりつつあります。また欧米のアセットオーナーたちは、責任投資の手法や人的体制を更に拡充させ、人権、自然資源、公衆衛生など広範囲にわたる持続可能性に目を向けています。

400以上の団体から参加する金融プロフェッショナルと、規制・政策と市場の動向、責任投資のベスト・プラクティスについて議論し、日本の持続可能な金融を推進するための一翼を担うコミュニティの一員となりましょう。

本会議へ参加する3つの理由

サステナブルファイナンス業界を牽引するリーダー達とつながる貴重な機会を提供します

業界を代表する専門家があなたのESG投資への疑問に答えます

グローバルな視点から日本を取り巻く課題を見つめたコンテンツ

過去に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、第一生命保険、かんぽ生命保険、企業年金連合会、運輸関係法人企業年金基金、他からご参加いただいています。

精選されたパネルセッションでは、グローバルなESGの標準化からポートフォリオ脱炭素化に取り組むための組織的な課題に至るまで、サステナブルファイナンスに関わる幅広い議題に踏み込みます。

国内外のサステナブルファイナンス専門家を集結し、グローバルな課題を通して、サステナビリティ意識が高まる世界で日本のビジネスが躍進するための重要な要素にスポットライトを当てます。

気候リスク管理を推し進め、持続可能な金融の機会を拡大するための戦略と志を政府高官から聞くことができる貴重な機会をお見逃しなく。

400以上の団体からなるサステナブルファイナンスコミュニティとつながりましょう。

Aberdeen Standard Investments
AIG General Insurance Company
AllianceBernstein
朝日生命保険
アセットマネジメントOne
日本銀行
BlackRock
BNP Paribas
BofA証券株式会社
ClearBridge Investments
Climate Disclosure Standards Board
大同生命保険
第一生命保険
大和証券グループ
Deutsche Bundesbank
日本政策投資銀行
ダスキン企業年金基金
Eaton Vance Asia Pacific
European Investment Bank
Federated Hermes
金融庁
First Sentier Investors
FTSE Russell
日本損害保険協会
Glass Lewis
Goldman Sachs Asset Management
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
GRI
HSBC
出光企業年金基金
IFM Investors
IFRS Foundation
Institutional Shareholder Services
国際協力銀行
全国銀行協会
日本取引所グループ
国際協力機構(JICA)
日本投資顧問業協会
ゆうちょ銀行
かんぽ生命
日本サステナブル投資フォーラム
電気通信共済会
日本赤十字社年金基金
日本労働組合総連合会
JPMorgan Asset Management
日本経済団体連合会
国家公務員共済組合連合会(KKR)
Legal and General Investment Management
London Stock Exchange Group
M&G
Manulife Investment Management
明治安田生命保険
Mercer Japan
農林水産省
経済産業省
財務省
厚生労働省
環境省
三菱UFJフィナンシャル・グループ
みずほ銀行
Moody's
Morgan Stanley Investment Management
MS&AD Insurance Group Holdings
MSCI
全国労働者共済生活協同組合連合会
全国共済農業協同組合連合会
Neuberger Berman
日興アセットマネジメント
日本生命保険相互会社
ニッセイアセットマネジメント
NN Investment Partners
野村ホールディングス
農林中央金庫
独立行政法人勤労者退職金共済機構
企業年金連合会
地方公務員共済組合連合会
PGGM Investments
PRI
りそな銀行
Robeco
労働金庫連合会
S&P Global
Schroder Investment Management
セコム企業年金基金
積水ハウス企業年金基金
SMBC信託銀行
住友生命保険相互会社
三井住友トラスト・ホールディングス
Sustainability Accounting Standards Board
東京海上ホールディングス
東京電力ホールディングス
東京証券取引所
Transport Agency Pension Fund
UBS Security
Vigeo Eiris
Wellington Management
World Bank Group
ヤマトグループ企業年金基金

本会議のアドバイザリーボード

2022年会議登壇予定者

登壇の詳細については、今村沙絵までお問合わせください.

sae@responsible-investor.com | +44 (0)20 3307 2474

会議プログラムはこちら

天谷 知子

金融庁 金融国際審議官

2019 年7 月、金融庁国際・監督局担当審議官に就任。2020 年4 月、国際総括官兼任。2021 年7 月より現職。 金融安定理事会(FSB)、バーゼル銀行監督委員会メンバーとして金融庁を代表する。バーゼル銀行監督委員会においては、2021 年1 月より監督協力部会(SCG)の共同議長を務める。1986 年大蔵省(現:財務省)入省後、大蔵省・金融庁において金融監督、国際金融規制などに携わる。 1986年東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋研究大学院Mid-C… Read full bio

David Fairs

Executive Director of Regulatory Policy, Analysis and Advice, The Pension Regulator (TPR)

David was appointed Executive Director of Regulatory Policy, Analysis and Advice in 2018, having previously been a senior partner at KPMG. He is responsible for the development of policy at The Pensions Regulator; co-chair of the Diversity and Inclus… Read full bio

林 礼子

BofA証券 副社長

米系大手金融機関バンク・オブ・アメリカの証券部門であるBofA証券(旧メリルリンチ日本証券)に2000年に入社、資本市場部責任者を経て、2019年より現職。 大学院を修了後、外資系金融機関において一貫して国際金融・資本市場業務に従事。事業会社及び官公庁の様々な資金調達に携わるとともに、2010年代半ばより、ESG関連業務においても責任者を務める。 サステナブル・ファイナンス有識者会議、トランジション・ファインナンス環境整備検討会等の政府のESG関連の委員ほか、日本証券業協会のSDGsの推進に関す… Read full bio

河口 真理子

立教大学特任教授、不二製油グループCEO補佐

立教大学特任教授、不二製油グループ本社CEO補佐、大和総研 特別アドバイザー、アセットマネジメントOneサステナビリティ諮問会議アドバイザー 一橋大学大学院修士課程修了(環境経済)後大和証券入社。大和証券グループ本社CSR室長、大和総研研究主幹など歴任。2020年4月より現職。企業の立場(CSR)、投資家の立場(ESG投資)、生活者の立場(エシカル消費)のサステナビリティ全般に関し20年以上調査研究、提言活動に従事。 アナリスト協会検定会員、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン理事… Read full bio

木村 武

日本生命 海外事業企画部兼総合企画部審議役

1965年福島県生まれ。工学博士(東工大)。1989年に日本銀行入行。米国連邦準備制度理事会(FRB)出向後、国際局国際調査課長、企画局政策調査課長、松江支店長、金融機構局審議役、決済機構局長を歴任。決済機構局では、主要中銀と共同でデジタル通貨(CBDC)の調査研究を進めるとともに、FSB(金融安定理事会)でクロスボーダー決済改革に取り組んだ。2020年に日本生命保険に入社。2021年より、PRI(国連責任投資原則)理事に就任。 Read full bio

水口 剛

高崎経済大学 学長

商社、監査法人等の勤務を経て、97年高崎経済大学経済学部講師。08年から教授。17年に副学長に就任し、21年より現職。専門は責任投資(ESG投資)、非財務情報開示。環境省「グリーンボンドに関する検討会」座長、「ESG金融ハイレベル・パネル」委員、金融庁・GSG国内諮問委員会共催「インパクト投資勉強会」座長、金融庁「サステナブルファイナンス有識者会議」座長等を歴任。主な著書に『ESG投資-新しい資本主義のかたち』(日本経済新聞出版社)、『責任ある投資-資金の流れで未来を変える』(岩波書店)、『サス… Read full bio

森 洋一

日本公認会計士協会 テクニカル・ディレクター

あずさ監査法人にて財務諸表監査、企業の内部統制関連業務、サステナビリティに関するグローバル調査や日本企業へのアドバイザリー業務を経験後、独立。 企業情報開示の助言、サステナビリティ関連の政策支援、排出削減プロジェクト等に従事するとともに、国際統合報告評議会(IIRC)、気候開示基準審議会(CDSB)、国際監査保証基準審議会(IAASB)等の議論に参画。 現在、日本公認会計士協会 企業情報開示委員会委員長、価値報告財団(VRF)フレームワークボード・メンバー等を務める。公認会計士。 Read full bio

中井 徳太郎

環境省 環境事務次官

東京大学法学部卒業。大蔵省入省後、主計局主査などを経て、富山県庁へ出向。日本海学の確立・普及に携わる。その後、財務省理財局計画官、財務省主計局主計官(農林水産省担当)などを経て、東日本大震災後の2011年7月の異動で環境省に。総合環境政策局総務課長、大臣官房会計課長、大臣官房秘書課長、大臣官房審議官、廃棄物・リサイクル対策部長、総合環境政策統括官を経て、2020年7月より現職 Read full bio

大堀 龍介

機関投資家協働対話フォーラム 理事

1987年東京大学経済学部卒業、野村證券株式会社入社、海外投資顧問室配属。以後、野村総合研究所への出向を含めてセルサイド・アナリスト業務に従事。1996年、JPモルガンの資産運用部門にバイサイド・アナリストとして入社。調査部門を統括する調査部長を経て、2009年日本株CIOに就任。2017年JPモルガンを退職。投資家フォーラム運営委員。前田道路株式会社社外取締役。 Read full bio

Bruno Roche

Founder & Executive Director, Economics of Mutuality

Bruno Roche is the founder and executive director of the Economics of Mutuality, a new school of thought and a disruptive model for economic performance designed to transform business at the core, establish reciprocal relationships between business,… Read full bio

清水 季子

日本銀行 国際局、国際関係統括理事

2020 年 7 月以降、日本銀行理事を務め、国際局、国際関係統括を担当。1987 年に日 本銀行に入行後、主に金融市場とプルーデンス政策の分野で経験を積んだ。2006 年に 金融市場局の外国為替平衡操作担当総括として初めてのシニアポジションに就き、そ の後も金融機構局において大手金融グループ担当総括や上席考査役等のシニアポジ ションを経験。また、欧州統括役や高松支店長・名古屋支店長も務めた。 1987 年に東京大学工学部卒業。1994 年に米スタンフォード大学国際政治経済学修士 号取得。 Read full bio

高田 英樹

グリーン・ファイナンス・ネットワーク・ジャパン事務局長

1995年、大蔵省(現財務省)に入省。以後、主計局、主税局、大臣官房等を歴任。1997~99年、英国留学。2003~06年、英国財務省に出向。2015~18年、パリ・OECDに出向し、グリーン・ファイナンスを担当。帰国後、私的に、Green Finance Network Japanを立ち上げ、官民のグリーン・ファイナンス関係者の連携を図っている。2021年3~7月、新設された内閣官房気候変動対策推進室の総括参事官を務めた後、2021年7月より財務省主計局主計官(総務省・地方財政担当)。2022… Read full bio

吉高 まり

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト

ミシガン大学環境・サステナビリティ大学院(現)科学修士。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士(学術)。国内外で環境金融コンサルティング業務に長年従事した経験を活かし、ESG投資、SDGsビジネス、気候変動、サステナブルファイナンス領域で多様なセクターに対しアドバイス等を提供。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師(担当:環境ビジネスデザイン論)。環境省「中央環境審議会地球環境部会」、金融庁「サステナブルファイナンス有識者会議」など、国の各種審議会委員にも従事。 Read full bio

RI Japan 2022 会議日程

プログラムの詳細については、今村沙絵までお問合わせください。

sae@responsible-investor.com | +44 (0)20 3307 2474

会議プログラムをダウンロード

Day 1 Day 2
View agenda page

Agenda

RI Japan 2022 - Tuesday 24th

RI Japan 2022 - 第1日目
08:00 - 08:45

開場

08:30 - 08:45

Responsible Investorおよびリードスポンサー挨拶

08:45 - 09:35

プレナリー1:サステナブルファイナンスの国際標準化:背景、期待と日本の投資家への影響

森 洋一
  • 国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、何をもってESGとするかという問いに、ついに決着をつけるのか?
  • 新基準はシングル、ダブル、ダイナミックマテリアリティをめぐる議論をどう組み入れていくのか?実世界へのインパクトについてはどうか?
  • 開示基準が厳格になることで、実際どう資本がサステナブルアセットに流れていくのか?

登壇者:

  • 森洋一、公認会計士
A speaker photo for 森 洋一

森 洋一

日本公認会計士協会 テクニカル・ディレクター

Read bio
09:35 - 10:05

インタビュー:2022下半期で注目すべき主要な政策

10:05 - 10:20

基調講演

中井 徳太郎

中井徳太郎、環境省 環境事務次官

A speaker photo for 中井 徳太郎

中井 徳太郎

環境省 環境事務次官

Read bio
10:20 - 11:00

ネットワーキングブレーク

11:00 - 11:50

プレナリー2:日本の投資家や金融インフラはサステナビリティ志向の「新しい資本主義」に対応する準備があるか?

森澤 充世, 水口 剛
  • 持続可能な経済のビジョンを政策、規制、ビジネス手法と結び付ける、主要なプレイヤーやイニシアティブ
  • 東京証券取引所の市場編成は企業や投資家の行動をどう方向づけていくのか?
  • 日本の責任投資のレベル上げ

登壇者:

  • 森澤充世、PRI ジャパンヘッド
  • 水口剛、高崎経済大学 学長
A speaker photo for 森澤 充世

森澤 充世

PRI ジャパンヘッド

Read bio
A speaker photo for 水口 剛

水口 剛

高崎経済大学 学長

Read bio
11:50 - 12:40

プレナリー3:サステナブルファイナンス業界の信頼と信用性を築く:投資家、金融機関、サービスプロバイダーは、サステナビリティの主張にいかに忠実であれるか?

木村 武, 高田 英樹
  • ヨーロッパや世界の投資家はどうSFDRに取り組んでいるのか?類似の規制が出てくる見通しは?
  • グリーン、サステナビリティウォッシュを避けるには?
  • エンゲージメントとESG評価手法との透明性の向上

登壇者:

  • 木村武、日本生命保険相互会社 審議役(総合企画部、財務企画部、海外事業企画部)
  • 高田英樹、金融庁 総合政策局総合政策課長
A speaker photo for 木村 武

木村 武

日本生命 海外事業企画部兼総合企画部審議役

Read bio
A speaker photo for 高田 英樹

高田 英樹

グリーン・ファイナンス・ネットワーク・ジャパン事務局長

Read bio
12:40 - 13:30

昼食

13:30 - 14:15

ストリームA-1:ネットゼロに向けた技術イノベーションの投資可能性

  • 誰が初動の投資コストを担うのか?今後の見通しは?
  • 水素、CCS技術、アンモニア:有効性と投資価値の評価
13:30 - 14:15

ストリームB-1:年金基金マネジメントとESG

David Fairs
  • 英国・オーストラリアで発展する年金基金向けESG関連規制
  • ESGや責任投資は年金基金そのものの持続可能性の助けとなるか?

登壇者:

David Fairs, Executive Director, Regulatory Policy, Analysis and Advice, The Pensions Regulator

A speaker photo for David Fairs

David Fairs

Executive Director of Regulatory Policy, Analysis and Advice, The Pension Regulator (TPR)

Read bio
13:30 - 14:15

ストリームC-1:ポジティブインパクトの創出

  • “ポジティブ・インパクト投資”のパフォーマンスとは?
  • インパクトデータの追跡とマネジメント
  • 発展途上国へのインパクト投資を可能にする譲許的資金
14:20 - 15:05

ストリームA-2:エネルギーセクター:トランジションのすがた

  • エネルギーセクターとの協調的エンゲージメントの進展と展望
  • 投資家はトランジションプランの信頼性をどう評価するか?
14:20 - 15:05

ストリームB-2:現実的なESG関連訴訟リスク

  • 年金基金に対する気候関連訴訟から学ぶこと
  • サプライチェーン上の不適切行為について、親会社や投資家はどこまで説明責任を持ちうるか?
14:20 - 15:05

ストリームC-2:債券戦略におけるサステナビリティ

  • 既存債券と比較したグリーン、ソーシャル、サステナビリティボンドのパフォーマンス
  • ソヴリン債投資で考慮すべきESG要因
15:05 - 15:40

ネットワーキングブレーク

15:40 - 16:30

ステップ・バイ・ステップ:投資家ネットゼロガイド パート1

主要ネットゼロアセットオーナーが自らの経験を段階的に紹介:

  • 社内のネットゼロへの賛同を確保する
  • ポートフォリオ上のカーボンフットプリント分析

 

登壇者:

第一生命

15:40 - 16:30

円卓会談:日本のサステナブルファイナンス有識者

林 礼子, 水口 剛, 岸上 有沙
  • 省庁主催有識者会議や検討会での主要トピックと振り返り
  • 次の議題にあがるのは?

 

登壇者:

  • 林礼子、BofA証券 副社長、ICMA理事
  • 水口剛、高崎経済大学 学長
  • 岸上有沙、EnCycleS 独立コンサルタント
A speaker photo for 林 礼子

林 礼子

BofA証券 副社長

Read bio
A speaker photo for 水口 剛

水口 剛

高崎経済大学 学長

Read bio
A speaker photo for 岸上 有沙

岸上 有沙

EnCycleS 独立コンサルタント

Read bio
15:40 - 16:30

ケーススタディ:気候ポートフォリオ分析

主要アセットオーナーによるポートフォリオ分析手法やTCFDレポート作成の詳細プレゼンテーション

16:35 - 17:25

ステップ・バイ・ステップ:投資家ネットゼロガイド パート2

主要ネットゼロアセットオーナーが自らの経験を段階的に紹介:

  • 脱炭素戦略を策定する
  • キープレイヤーとのエンゲージメント

登壇者:

第一生命

16:35 - 17:25

円卓会談:市場プラクティショナーの視点

  • サステナブルファイナンスの投資チェーンはどう機能すべきか?
  • 規制当局やアセットオーナーに期待すること
16:35 - 17:25

サステナブルファイナンスの次なるリーダーを輩出する

  • 成功する責任投資チームに求められる専門性、知識、人間性とは
  • ミッドキャリアにとっての障害:オポチュニティ、スキル、雇用条件
  • サステナビリティ志向の若者は就活をはじめるにあたって何を求めているのか?
17:30 - 19:30

レセプション

Agenda

RI Japan 2022 - Wednesday 25th

RI Japan 2022 - 第2日目
09:30 - 09:45

開場

09:45 - 10:30

ストリームA-3:日本の地方経済のサステナビリティ

  • サステナブルファイナンスの議論の中で、地方経済はどう扱われてきたか?
  • 地方に公正なネットゼロへの移行のありかた
  • 地方金融機関のビジョン
09:45 - 10:30

ストリームB-3 :“S”のデータ課題

荒井 勝
  • 従業員の健康、安全、ウェルビーイングを測るデータは存在するのか?パンデミックを契機とした変化とは?
  • 日本企業の文脈におけるダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン

 

登壇者:

  • 荒井勝、日本サステナブル投資フォーラム 会長
A speaker photo for 荒井 勝

荒井 勝

日本サステナブル投資フォーラム 会長

Read bio
09:45 - 10:30

円卓会談:チーフ・ファイナンシャルオフィサー

  • ESGは財務マターであるという呼び声に、企業のCFOはどう応えているのか?その戦略は?
  • 財務運営にESGの思考を取り入れることの重大性
10:45 - 11:30

ストリームA-4:持続可能な食のシステム

岸上 有沙
  • 気候変動、栄養、抗生剤…食品産業におけるサステナビリティ課題とは?
  • 投資家は資本とエンゲージメント努力をどこに割り振れば、リスク回避をしつつ、健全な地域とグローバルの食のシステム構築に貢献できるのか?

 

登壇者:

岸上有沙、EnCycleS 独立コンサルタント

A speaker photo for 岸上 有沙

岸上 有沙

EnCycleS 独立コンサルタント

Read bio
10:45 - 11:30

ストリームB-4:サステナビリティ情報の開示

大堀 龍介
  • 日本国内のガイドラインはISSBのプロトタイプにどう整合していくのか?
  • 人材資源や無形資産に関する開示で注意すべきこととは?

 

登壇者:

大堀龍介、機関投資家協働対話フォーラム 理事

A speaker photo for 大堀 龍介

大堀 龍介

機関投資家協働対話フォーラム 理事

Read bio
10:45 - 11:30

円卓会談:会計士と監査人

  • ESGを会計実務に組み込む方法
  • ESG項目に関わる検証手続きには確立したものがあるのか?
  • インパクトの要素はどのように会計に組み込まれていくのか?
11:45 - 12:30

ストリームA-5:生物多様性と自然資源を資本とする産業のゆくえ

  • COP15の主要成果と企業や投資家への含意
  • 先進市場参加者はターゲット分野や指標をどう定めているのか?
  • 生物多様性の損失に対応することで生まれるオポチュニティ
11:45 - 12:30

ストリームB-5:アクティブオーナーと取締役員の建設的かつ持続可能な関係構築

松田 千恵子
  • 取締役会の構成と透明性の課題にはっきりした解決法が存在するのか?
  • 日本におけるアクティブオーナシップの発展
  • 投資家は果たしてガバナンスのスキャンダルを予見することができるようになるのか?
  • 役員報酬とESGパフォーマンス

松田 千恵子

東京都立大学 大学院 経営学研究科 教授

Read bio
11:45 - 12:30

ショーケース:ESGアナリストの視点

アナリストによるESGテーマ別分析、またはESG観点からのセクター分析プレゼンテーション

12:30 - 13:30

昼食

13:30 - 13:45

基調講演

天谷 知子

天谷知子、金融庁 金融国際審議官

A speaker photo for 天谷 知子

天谷 知子

金融庁 金融国際審議官

Read bio
13:45 - 14:15

インタビュー:タクソノミー議論に決着はついたのか?

14:15 - 15:05

プレナリー4:トランジションファイナンスを強化する

  • 日本政府のロードマップに基づくアプローチはどう展開されているのか?
  • 日本のトランジションロードマップと、グローバルで展開するセクター別パスウェイとの互換性
  • トランジションプランの信頼性とトランジションファンドへの資産配分の決め手
15:05 - 15:30

ネットワーキングブレーク

15:30 - 16:00

インタビュー:パンデミックによって様変わりした経済環境で、SDGsは未だ達成可能か?

16:00 - 16:15

基調講演

清水 季子

清水季子、日本銀行 理事

A speaker photo for 清水 季子

清水 季子

日本銀行 国際局、国際関係統括理事

Read bio
16:15 - 17:05

プレナリー5:ネットゼロ時代に変わりゆくサステナブルファイナンスの地平

河口 真理子, Bruno Roche
  • 脱炭素化の進行により、ベンチマーク設定やパッシブ投資はどう変わっていくのか?
  • 気候変動への危機感が募るにつれ、さらに多くのダイベストメントが行われるようになるのか?
  • 世界は欧州をサステナブルファイナンスのリーダーと冠し続けるのだろうか?

登壇者:

  • 河口真理子、立教大学特任教授、不二製油グループ本社CEO補佐
  • Bruno Roche, Founder and Executive Director, Economics of Mutuality
A speaker photo for 河口 真理子

河口 真理子

立教大学特任教授、不二製油グループCEO補佐

Read bio
A speaker photo for Bruno Roche

Bruno Roche

Founder & Executive Director, Economics of Mutuality

Read bio

2022年会議のアドバイザリーボード

荒井勝

代表
日本サステナブル投資フォーラム

河口真理子

CEO補佐
不二製油

岸上有沙

独立コンサルタント
En-CycleS

森澤充世

ジャパンヘッド
PRI

髙田英樹

総合政策局総合政策課長
金融庁

米山美奈子

シグナトリー・リレーションリレーションシップ・マネージャー
PRI

本会議のスポンサー

スポンサーシップの機会の詳細については、ヒューゴ・バイゴット にお問い合わせください。

Hugo Bygott | hugo@responsible-investor.com | +44 (0)20 3307 2464

スポンサーシップ詳細はこちら